弁護士への相談

護士に相談する依頼内容の事例としては、離婚をしたいが当事者同士ではうまくいかないことや夫への財産分与の請求、不倫の際の慰謝料の請求。また、子供の親権について、夫への子供の養育費の請求、離婚の調停・裁判について、そしてDV問題について、などがあります。

書面離婚の種類には協議離婚・調停離婚・裁判離婚がありますが、いずれも弁護士が代理人として就きます。協議離婚では、当事者間ではうまく話がまとまらない場合、弁護士を通じて相手方と交渉をすることで、当事者間ではスムーズに進まなかった話し合いもうまく進むことが期待できます。調停離婚では、弁護士を代理人とすることで、調停の進め方も相談できますし、書面の作成もしてくれます。調停の期日には同席するので心強いです。裁判離婚では、かなりの時間と労力を要しますので、離婚の成立の可能性についても弁護士に相談できます。離婚をする場合、夫婦間での話し合いがうまくいかないと、審判や裁判によって離婚を決めてもらうことになります。

当事者同士ではスムーズに行かないことも、弁護士が介入することでうまく進むことが期待できるので、離婚の相談をするには、弁護士に依頼するのが有利でしょう。初めての方はなかなか踏み出せないかもしれませんが、弁護士に連絡を取ることから始めてはいかがでしょうか。

Pocket